下肢機能再建とは?

手術では、できる限り本物となるように”解剖学的再建”という術式を第一選択にして、運動機能を回復し、若者から高齢者まで幅広い年代の膝などの悩みを解決することを目指します。 具体的には自己組織による膝靭帯再建や変形性膝関節症に対するアライメント修正術を用いた下肢機能再建を行います。

症状(対象者)

膝の内側に痛みがある、歩き始めや動き出し・階段の上り下りの時に膝が痛い、膝に力が入らない、足首が腫れて痛いなど、膝・足関節に症状がある方を中心に診療を行います。

主な疾患

代表的な疾患である前十字靭帯、後十字靭帯損傷、変形性膝関節症以外にも半月板損傷や足関節靭帯損傷、反復性膝蓋骨脱臼、アキレス腱断裂などの疾患にも手術を実施しています。

 
手術件数
代表的な疾患についてはこちらをご参照ください。
 

​前十字靭帯損傷に

ついて

ACLについて

m (3).png

​後十字靭帯損傷に

ついて

PCLについて

7.png

​高位脛骨骨切り術について

HTOについて

1 (2).png
sign (2).png

Copyright 川田整形外科. All Rights Reserved.